本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>技術仕様>プライベートLAN(旧)

プライベートLAN(旧)

プライベートLAN(旧)は、プライベート側ネットワークにおいて、お客様のサーバーを共用ネットワークから隔離し、独立したネットワーク環境とするオプションサービスです。

特長

より強固なセキュリティ

共用ネットワークから隔離しているため、よりセキュリティが強固な環境を構築することができます。

仕様

  • プライベートLAN(旧)の設定を行うと、お客様が持つすべてのサーバーにその環境が適用されます。
  • すでにプライベートLAN(旧)を設定されているお客様は、新たなサーバー追加に伴うプライベートLAN(旧)の再申請は不要です。サーバーを作成した時点で、プライベートLAN(旧)が適用されます。
  • プライベートLAN(旧) は一部サービスのみ利用可能です。プライベートLANのご利用を推奨いたします。
プライベートLAN比較表
  プライベートLAN(旧) プライベートLAN
コントロールパネルでの操作 ×
利用可能なサービス 一部のみ対応
・サーバーへの接続
ダイレクトポート(専用線・閉域網 接続サービス)
プライベートアクセス(閉域網 集線型接続サービス)
ゾーンコネクト
インターネットVPN(H/W)
RDB
専有コンポーネント
DRサービス for NetApp
プライベートLANに接続可能なサービスすべて
※詳細は機能・サービスページをご参照下さい。
利用可能なゾーン 一部のゾーン
ゾーン別機能対応表をご参照ください。
すべてのゾーン
料金タイプ 月額のみ 月額/従量

料金

月額(税抜)
プライベートLAN 5,000円/月

注意事項

  • プライベートLAN(旧)は、ゾーンごとの設定になります。作成時にゾーンを選択してください。
  • プライベートLAN(旧)は、同じゾーンでのみ通信可能です。リージョン/ゾーンをまたいでのプライベート通信を行うことはできません。
プライベートLAN(旧)をご利用中にサーバーをコピーする場合の注意点
  • コピーしたサーバーには、コピー元のサーバーに適用されているプライベートIPアドレスの設定もコピーされるため、アドレスが同一となり、衝突が発生します。(プライベートIPアドレスが衝突していると、正常な通信が行えません。)
  • コピーを行った場合には、コピーされたサーバーにログインし、プライベートIPアドレスの設定を変更して、アドレスの衝突を解消してください。
    サーバーコピーの注意点
グローバルIPアドレスを利用しない(外したい)場合の注意事項
  • コンソールを利用して、対象サーバーのプライベートIPアドレスの設定を行う必要があります。設定後、サーバーの再起動を実施してください。

プライベートLAN(旧)の解除について

プライベートLAN(旧)の解除を行いたい場合は、下記からお申込みください。

プライベートLAN(旧)申請フォーム

解除時の注意事項

プライベートLAN(旧)を解除を行うためには、以下について事前に対応頂く必要があります。

  • プライベートLAN(旧)に接続しているサービス(プライベートLAN比較表の利用可能なサービスを参照)がある場合は、接続しているサービスの解除
  • プライベートLAN(旧)に接続しているサーバーの停止または削除
  • プライベートLAN(旧)の解除作業としてサーバーのネットワークを共通プライベートネットワークに変更を行うため、OSのプライベート側のネットワーク設定についてDHCPが有効になるように変更
プライベートLAN(旧)に接続しているRDBの解除について

プライベートLAN(旧)に接続しているRDBの解除を行いたい場合は、下記から「RDB/プライベートLAN(旧)」より「プライベートLAN(旧)を解除する」をお申込みください。

各種変更申請フォーム

プライベートLAN(旧)からプライベートLANへの切り替えについて

プライベートLAN(旧)からプライベートLANへの切り替えには、プライベートLAN(旧)の解除が必要となります。
詳細は下記をご確認ください。

公式FAQ:プライベートLAN(旧)をプライベートLANに切り替えることは出来ますか?

推奨画面サイズ 1024×768 以上