本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

ニフクラ Kubernetes Service Hatoba:アップグレード

ニフクラ Kubernetes Service Hatobaでは作成済みのクラスターに対して設定変更を行うことで、Kubernetesバージョンのアップグレードが行えます。

アップグレードの仕様

  • アップグレードはクラスター全体で行われます。ノードプールやノードなどの単位で個別に別のバージョンへ変更はできません。
  • マイナーバージョンのアップグレードは、1つずつ行う必要があります。たとえば、1.18から1.19へのアップグレードは可能ですが、1.18から1.20に直接アップグレードはできません。1.18から1.20にアップグレードするには、1.18から1.19にアップグレード後、1.19から1.20にアップグレードする必要があります。
  • アップグレードはローリングアップグレード方式で行われます。アップグレード中は新規のノードが追加され、古いノードは順次削除されます。ローリングアップグレード方式のため、アップグレード中もクラスター全体としては稼働した状態が維持されます。
  • Kubernetesバージョンのダウングレードはできません。
  • labelやtaint等のノードに追加設定した値は新規ノードには引き継がれません。
  • v1.20以降のクラスターをアップグレードする場合、drainによりノードがより安全に停止されます。

注意事項

  • 状況によりアップグレードに失敗する場合があります。事前にデータのバックアップを取得することを推奨します。
  • クラスターのアップグレードに失敗した場合、スナップショットからのリストアや、クラスターの再作成を行う必要があります。
  • クラスターの稼働状況によって、アップグレードにかかる時間は変動します。
  • クラスターのアップグレード時に各ノードプール毎に1台ずつノードの入れ替えが発生します。
  • ノードの入れ替えに伴い、ノードのIPアドレスが変更になります。
  • アップグレード中は一時的にノードが追加されるため、既存ノード分に加えて、追加ノード分の料金が発生します。
  • ノード入れ替え時にクラスターで動作するアプリケーションが正常に動作するかはアプリケーションの仕様やKubernetesの設定に依存します。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2023年2月08日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上