本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

ニフクラ Kubernetes Service Hatoba:ディスク

ニフクラ Kubernetes Service Hatobaではディスクの構築・管理ができます。

ディスクタイプ

現時点では、下記のディスクタイプを使用できます。

ディスクタイプ ディスクサイズ
標準フラッシュドライブ[A/B] 100GB~2,000GB(100GBごと)
高速フラッシュドライブ[A/B] 100GB~2,000GB(100GBごと)

増設ディスクCSIドライバー

増設ディスクCSIドライバーを使うことで、ニフクラ Kubernetes Service Hatobaのディスクを永続ボリュームとして簡単にクラスター内で使用できるようになります。増設ディスクCSIドライバーはCSIの仕様に準拠しています。

クラスター作成時または設定変更で増設ディスクCSIドライバーを導入できます。増設ディスクCSIドライバーの設定方法は 増設ディスクCSIドライバーで永続ボリュームを使用する を参照してください。

増設ディスクCSIドライバーの導入・設定を行うと、Kubernetesの仕様に従って永続ボリュームを作成するだけで、増設ディスクCSIドライバーの処理で自動的にディスク作成からマウントまで行えるようになります。

なお、ディスクを作成するとクラスターとは別にディスクの料金が発生します。

ディスクのステータス

カテゴリー API 表示 アイコン 説明
正常 READY 利用可能 正常 利用可能
エラー FAILED エラー エラー ディスクでエラーが発生している
処理中 CREATING 作成中 処理中 ディスクの作成中
処理中 RESIZING サイズ変更中 処理中 ディスクのサイズ変更中
処理中 DELETING 削除中 処理中 ディスクの削除中

ノードとのディスク接続ステータス

カテゴリー API 表示 アイコン 説明
正常 ATTACHED 接続中 正常 接続中
処理中 ATTACHING 接続処理中 処理中 ディスクの接続処理中
処理中 DETACHING 切断処理中 処理中 ディスクの切断処理中
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2023年2月08日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上