本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

ニフクラ Kubernetes Service Hatoba:ノード

ノードはKubernetesクラスタを構成するマシンです。

ノードイメージ

現時点では、下記のノードイメージがデフォルトで使われます。

ノードイメージ名 OS コンテナランタイム
Ubuntu Ubuntu 20.04 LTS containerd

ノードのリソース予約

ノードはKubernetesクラスターとして動作するために、一定のリソースを消費します。そのため、ノード全体のリソースに比べて、アプリケーションで利用可能なリソースは小さくなります。

ニフクラ Kubernetes Service Hatobaでは、ノードが安定した動作をするために、一定のリソース予約が行われています。ノードのkubelet設定上、eviction-hard memory.availableには400Miが設定されています。つまり、各ノードのメモリは常に400Miの空きがある状態を維持しようとします。この閾値を超過した場合、ノードに割り当てられたPodは終了し、別のノードに割り当てようとします。この設定をユーザー側で変更はできません。

ノードのステータス

カテゴリー API 表示 アイコン 説明
正常 RUNNING 稼働中 正常 正常に稼働中
エラー ERROR エラー エラー ノードでエラーが発生している
処理中 PROVISIONING 作成中 処理中 ノードの作成中
処理中 RECONCILING 設定変更中 処理中 ノードの設定変更中
処理中 STOPPING 削除中 処理中 ノードの削除中
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年9月17日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上