本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

ニフクラ Kubernetes Service Hatoba:ネットワーク

ニフクラ Kubernetes Service Hatobaで作成されるクラスターは、ニフクラのグローバルおよびプライベートネットワーク上に構築されます。クラスター作成時に、ニフクラのどのプライベートネットワーク上で構築するかは、下記のいずれかを指定できます。

  • 共通プライベート
  • プライベートLAN(ただし、DHCP有効のルーターまたはDHCPサーバーが存在するもの)


そのため、ニフクラの同一のプライベートネットワーク上に構築されており、ファイアウォールで許可されているものであれば、他のニフクラの各種リソースとクラスターの間で通信できます。

共通プライベート

デフォルトでは、プライベートネットワークとして共通プライベート上にクラスターが構築されます。

プライベートLAN

ニフクラでプライベートLANをご利用中のお客様は、クラスター作成時にプライベートLANを指定することで、クラスターをプライベートLAN内に作成できます。ただし、当該プライベートLAN上にDHCPが有効なルーターまたはDHCPサーバーが作成されている必要があります。プライベートLANについて詳しくは、機能・サービス:プライベートLANをご確認ください。
現時点では、クラスターを作成したプライベートLANと、別のプライベートLANのサーバーを疎通させることはできません。

CNIプラグイン

現時点では、クラスターのCNIプラグインはcanalのみ利用可能です。他のCNIを選択することはできません。

HTTPロードバランサー

クラスターの作成または設定変更時に「HTTPロードバランサー」を「利用する」を選択した場合、 nginx-ingress-controller がクラスターにインストールされます。

制限事項

  • クラスター作成時に指定したネットワーク設定は、後から別のネットワーク設定に変更はできません。
  • プライベートLANやルーターなどのネットワーク設定に誤りがある場合、クラスター作成が正常に完了しない状態や、ノードに異常が発生しエラーの状態となることがあります。
  • 現時点では、ルーターないしはDHCPサーバーにてDHCPが有効になっていないプライベートLANには、クラスターを作成できません。
  • プライベートLAN上のクラスター作成後にDHCPが無効になった場合、クラスターは正常に動作しなくなります。
  • プライベートLAN(旧)上にクラスター作成はできません。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年9月17日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上