本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ヘルプ>ファイアウォールのコピー

ファイアウォールのコピー

ファイアウォールグループの設定をコピーして新たにグループを作成することができます。

  1. ファイアウォール一覧から、コピーしたいファイアウォールグループを選択し、「選択したファイアウォールの操作」のプルダウンから、「ファイアウォールのコピー」を選択します。

  2. 「ファイアウォールグループのコピー」ダイアログが表示されます。
    基本設定を行い「INルール設定へ」ボタンをクリックします。

    「ファイアウォールグループのコピー」ダイアログ

    ファイアウォールグループ名 作成するファイアウォールグループに名前を付けます。
    ゾーン ファイアウォールグループを所属させるゾーンを選択します。
    ログ取得件数 設定したルールにより拒否されたログを取得する件数を選択します。
    メモ 作成するファイアウォールグループにメモをつけます。
  3. 許可するIncoming通信の条件を設定します。「OUTルール設定へ」ボタンをクリックします。

    Incoming通信の条件を設定

    ルール追加ボタン ルール設定を一行追加します。
    削除ボタン 対象のルール設定を削除します。
    プロトコル 通信を許可したいプロトコルを選択します。ポート指定を行いたい場合はTCPまたはUDPを選択します。
    ポート プロトコルでTCPまたはUDPを選択した場合に、通信を許可したいポートの範囲を入力します。
    接続元種別 通信を許可したい接続元を選択します。
    接続しているIPアドレス コントロールパネルにアクセスしているIPアドレス
    IPアドレス(IPv4) IPv4アドレスを入力
    CIDR(IPv4) IPv4 CIDRを入力
    IPアドレス(IPv6) IPv6アドレスを入力
    CIDR(IPv6) IPv6 CIDRを入力
    グループ 作成済みのファイアウォールグループを選択
    IP / CIDR・グループ 接続元種別に応じた接続元の入力・選択をします。
  4. 許可するOutgoing通信の条件を設定します。「サーバー選択へ」ボタンをクリックします。
    OUTルールを設定すると、ルール以外のOUT方向の通信がすべて拒否されます。

    Outgoing通信の条件を設定

    ルール追加ボタン ルール設定を一行追加します。
    削除ボタン 対象のルール設定を削除します。
    プロトコル 通信を許可したいプロトコルを選択します。ポート指定を行いたい場合はTCPまたはUDPを選択します。
    ポート プロトコルでTCPまたはUDPを選択した場合に、通信を許可したいポートの範囲を入力します。
    接続元種別 通信を許可したい接続元を選択します。
    接続しているIPアドレス コントロールパネルにアクセスしているIPアドレス
    IPアドレス(IPv4) IPv4アドレスを入力
    CIDR(IPv4) IPv4 CIDRを入力
    IPアドレス(IPv6) IPv6アドレスを入力
    CIDR(IPv6) IPv6 CIDRを入力
    グループ 作成済みのファイアウォールグループを選択
    IP / CIDR・グループ 接続元種別に応じた接続元の入力・選択をします。
  5. ファイアウォールを適用するサーバーを選択し「ルーター選択へ」ボタンをクリックします。

    ファイアウォールを適用するサーバーを選択

  6. ファイアウォールを適用するルーターを選択し「拠点間VPNGW選択へ」ボタンをクリックします。

    ファイアウォールを適用するルーターを選択

  7. ファイアウォールを適用する拠点間VPNゲートウェイを選択し「確認へ」ボタンをクリックします。

    ファイアウォールを適用する拠点間VPNゲートウェイを選択

  8. 内容を確認し、「コピーする」ボタンをクリックすると、ファイアウォールグループの作成処理が始まります。

    ファイアウォールグループの作成処理

ニフクラ サイト内検索

ヘルプメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年6月15日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上