本文へジャンプします。

ニフクラ ヘルプ

クラウド トップ>ヘルプ>コンピューティング>ファイアウォール:通信設定(iptables・Windows ファイアウォールなど)との併用

ファイアウォール:通信設定(iptables・Windows ファイアウォールなど)との併用

ニフクラのファイアウォール機能をサーバーに適用いただいている場合、iptables などのサーバーの通信設定より先に、ファイアウォール機能で設定したルールで評価されます。
そのため、ファイアウォール機能とサーバーの通信設定を併用した場合、双方矛盾のない設定にする必要があります。

設定例

設定例1

ファイアウォール機能で、HTTP(80)を許可。iptablesで、HTTP(80)HTTPS(443)を許可。
ファイアウォール機能で許可されていないHTTPS(443)は、拒否ポートとなる。

設定例2

ファイアウォール機能で、SSH(22)、HTTP(80)を許可。iptalbesで、HTTP(80)を許可。
iptablesで許可されていないSSH(22)は、拒否ポートとなる。

ニフクラ サイト内検索

ヘルプメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2020年11月25日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上