本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

CreateVolume

処理概要

ディスクを新規作成します。

サーバーを指定するためには、サーバー名が必要です。

削除済みのサーバーを指定した、管理外のサーバーを指定した、起動中・停止中以外のサーバーを指定したなど、無効なサーバーを指定した場合は、エラーが返されます。 同様に、ディスクサイズおよびディスクタイプに規定外の値を指定した、すでに存在するディスク名を指定した、利用料金タイプに無効な値を指定したなどの場合は、エラーが返されます。

作成したディスクのゾーンは指定したサーバーと同一のゾーンになります。

指定するパラメーター

パラメーター 説明 必須
Size integer

ディスクサイズ
1GB単位と100GB単位の指定ができ、以下の通りとなります。

  • 1GB単位の場合
標準ディスク 100, 200, 300,…, 2000
高速ディスク[A/B] 100, 200, 300,…, 2000
フラッシュドライブ 100, 200, 300,…, 1000
標準フラッシュドライブ [A/B] 100, 200, 300,…, 2000
高速フラッシュドライブ [A/B] 100, 200, 300,…, 2000
  • 100GB単位の場合
標準ディスク 1, 2, 3,…, 20
高速ディスク[A/B] 1, 2, 3,…, 20
フラッシュドライブ 1, 2, 3,…, 10
標準フラッシュドライブ [A/B] 1, 2, 3,…, 20
高速フラッシュドライブ [A/B] 1, 2, 3,…, 20

単位: GB
値: 1 (100GB単位指定) | 2 (100GB単位指定) | 3 (100GB単位指定) | 4 (100GB単位指定) | 5 (100GB単位指定) | 6 (100GB単位指定) | 7 (100GB単位指定) | 8 (100GB単位指定) | 9 (100GB単位指定) | 10 (100GB単位指定) | 11 (100GB単位指定) | 12 (100GB単位指定) | 13 (100GB単位指定) | 14 (100GB単位指定) | 15 (100GB単位指定) | 16 (100GB単位指定) | 17 (100GB単位指定) | 18 (100GB単位指定) | 19 (100GB単位指定) | 20 (100GB単位指定) | 100 (1GB単位指定) | 200 (1GB単位指定) | 300 (1GB単位指定) | 400 (1GB単位指定) | 500 (1GB単位指定) | 600 (1GB単位指定) | 700 (1GB単位指定) | 800 (1GB単位指定) | 900 (1GB単位指定) | 1000 (1GB単位指定) | 1100 (1GB単位指定) | 1200 (1GB単位指定) | 1300 (1GB単位指定) | 1400 (1GB単位指定) | 1500 (1GB単位指定) | 1600 (1GB単位指定) | 1700 (1GB単位指定) | 1800 (1GB単位指定) | 1900 (1GB単位指定) | 2000 (1GB単位指定)
VolumeId string ディスク名
Default: 半角英数8文字 (システム発行)
使用可能文字: 半角英数(32文字)
DiskType string ディスクタイプ
値: 2 (標準ディスク) | 3 (高速ディスクA) | 4 (高速ディスクB) | 5 (フラッシュドライブ) | 6 (標準フラッシュドライブA) | 7 (標準フラッシュドライブB) | 8 (高速フラッシュドライブA) | 9 (高速フラッシュドライブB)
Default: 3
InstanceId string 接続するサーバー名
○ (InstanceUniqueId未指定の場合)
InstanceUniqueId string
○ (InstanceId未指定の場合)
AccountingType string 利用料金タイプ
値: 1 (月額課金) | 2 (従量課金)
Default: 1
Description string メモ
使用可能文字: 全半角数字(40文字)

応答フィールド

フィールド (項目) 説明
CreateVolumeResponse - CreateVolume レスポンス
Ancestor: なし
Children: requestId | volumeId | size | diskType | snapshotId | availabilityZone | status | createTime | accountingType | description
requestId string リクエスト識別子
Ancestor: CreateVolumeResponse
Children: なし
volumeId string ディスク名
Ancestor: CreateVolumeResponse
Children: なし
size integer ディスクサイズ
単位: GB
Ancestor: CreateVolumeResponse
Children: なし
diskType string ディスクタイプ
値: Standard Storage | High-Speed Storage A | High-Speed Storage B | Flash Storage
Ancestor: CreateVolumeResponse
Children: なし
snapshotId string ※返却値なし
Ancestor: CreateVolumeResponse
Children: なし
availabilityZone string ゾーン名
Ancestor: CreateVolumeResponse
Children: なし
status string 作成ステータス
値: {'name': 'creating', 'description': '作成中'} | {'name': 'available', 'description': '利用可'}
Ancestor: CreateVolumeResponse
Children: なし
createTime timestamp ディスク作成日時
表示形式:yyyy-mm-ddThh:mi:ss.sss+09:00
Ancestor: CreateVolumeResponse
Children: なし
accountingType string 利用料金タイプ
値: {'name': '1', 'description': '月額課金'} | {'name': '2', 'description': '従量課金'}
Ancestor: CreateVolumeResponse
Children: なし
description string メモ
Ancestor: CreateVolumeResponse
Children: なし

リクエストサンプル

    https://jp-east-1.computing.api.nifcloud.com/api/?
  Action=CreateVolume
  &Size=200
  &VolumeId=disk01
  &DiskType=6
  &InstanceId=server01
  &AccountingType=1
  &Description=Memo
  &CommonParams

  

応答サンプル

    <CreateVolumeResponse xmlns="https://computing.api.nifcloud.com/api/">
  <requestId>ac501097-4c8d-475b-b06b-a90048ec181c</requestId>
  <volumeId>disk01</volumeId>
  <size>200</size>
  <diskType>Standard Flash Storage A</diskType>
  <snapshotId/>
  <availabilityZone>east-11</availabilityZone>
  <status>creating</status>
  <createTime>2020-07-10T16:47:39.366+09:00</createTime>
  <accountingType>1</accountingType>
  <description>Memo</description>
</CreateVolumeResponse>

  

ニフクラ サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上