本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

NiftyUpdateAutoScalingGroup

処理概要

指定したオートスケールの定義を変更します。
オートスケールを指定するためには、オートスケール名が必要です。
既存のオートスケール定義情報に対し、指定された値でオートスケール定義が更新されるため、更新しない値も設定する必要があります。ただしイメージIDは例外的に省略可能とし、省略時は変更しない動作となります。
イメージを変更する場合、増設ディスク付きのイメージは使用できません。また、変更前のイメージと異なるゾーンのイメージも使用できません。

指定するパラメーター

パラメーター 説明 必須
AutoScalingGroupName string 更新対象オートスケール名
使用可能文字: 半角英数字(1~15文字)
AutoScalingGroupNameUpdate string 更新後オートスケール名
使用可能文字: 半角英数字(1~15文字)
Description string メモ
ImageId string イメージID
使用可能文字: スタンダードイメージ識別子 半角数字1〜4文字以内、カスタマイズイメージ識別子 半角数字1〜15文字以内
InstanceType string サーバータイプ
値: e-mini | mini | c-small | e-small | small | c-small2 | e-small2 | small2 | c-small4 | e-small4 | small4 | e-small8 | small8 | c-medium | e-medium | medium | c-medium4 | e-medium4 | medium4 | c-medium8 | e-medium8 | medium8 | e-medium16 | medium16 | medium24 | c-large | e-large | large | c-large8 | e-large8 | large8 | e-large16 | large16 | e-large24 | large24 | e-large32 | large32 | e-extra-large16 | extra-large16 | e-extra-large24 | extra-large24 | e-extra-large32 | extra-large32 | e-double-large32 | double-large32 | e-double-large48 | double-large48 | e-double-large64 | double-large64 | e-double-large96 | double-large96
Default: mini
SecurityGroup.n string ファイアウォールグループ名
使用可能文字: 半角英数字(1~15文字)
ScalingTrigger.n.Resource string オートスケールのトリガーにするリソース名
値: Server-cpu | Server-memory | Server-network | LoadBalancer-network
ScalingTrigger.n.UpperThreshold double 条件「以上」の閾値
使用可能文字: %の場合 0-100、Mbpsの場合 0-1048576
ScalingTrigger.n.BreachDuration integer 長さ
単位: 秒
値: 600 (10分) | 1200 (20分) | 1800 (30分)
Default: 600 (10分)
ScaleoutCondition string スケールアウトの条件
値: or | and
LoadBalancers.n.Name string ロードバランサー名
使用可能文字: 半角英数字(1~15文字)
LoadBalancers.n.LoadBalancerPort integer 待ち受けポート
使用可能文字: 0〜65535の数値
○ (LoadBalancers.n.Nameを指定する場合)
LoadBalancers.n.InstancePort integer 宛先ポート
使用可能文字: 0〜65535の数値
○ (LoadBalancers.n.Nameを指定する場合)
MinSize integer サーバーの最小台数
使用可能文字: 1と(サーバー設定上限数−1)の間
MaxSize integer サーバーの最大台数
使用可能文字: MinSizeとサーバー設定上限数の間
InstanceLifecycleLimit integer 有効時間
単位: 秒
Default: 18000 (300分)
使用可能文字: 1800(30分)-36000(600分) (1800刻み)
Scaleout integer スケールアウト開始間隔
単位: 秒
値: 0 (0分) | 600 (10分) | 1200 (20分) | 1800 (30分)
Default: 0 (0分)
DefaultCooldown integer 縮退開始間隔
単位: 秒
Default: 1800 (30分)
使用可能文字: 600 (10分)-36000(600分) (600刻み)
ChangeInCapacity integer スケールアウト・縮退台数
値: 1 | 2 | 3 | 4 | 5
ScalingSchedule.n.TimeZone.StartingTimeZone string スケールアウトを有効にする時間帯(開始)
Default: 0 (0:00)
使用可能文字: 0-23
ScalingSchedule.n.TimeZone.EndingTimeZone string スケールアウトを有効にする時間帯(終了)
Default: 24 (1440)
使用可能文字: StartingTimeZoneの値+1-24
ScalingSchedule.n.Day.SetSunday string スケールアウトを有効にする曜日(日曜日)
値: 0 (無効) | 1 (有効)
Default: 0 (無効)
ScalingSchedule.n.Day.SetMonday string スケールアウトを有効にする曜日(月曜日)
値: 0 (無効) | 1 (有効)
Default: 0 (無効)
ScalingSchedule.n.Day.SetTuesday string スケールアウトを有効にする曜日(火曜日)
値: 0 (無効) | 1 (有効)
Default: 0 (無効)
ScalingSchedule.n.Day.SetWednesday string スケールアウトを有効にする曜日(水曜日)
値: 0 (無効) | 1 (有効)
Default: 0 (無効)
ScalingSchedule.n.Day.SetThursday string スケールアウトを有効にする曜日(木曜日)
値: 0 (無効) | 1 (有効)
Default: 0 (無効)
ScalingSchedule.n.Day.SetFriday string スケールアウトを有効にする曜日(金曜日)
値: 0 (無効) | 1 (有効)
Default: 0 (無効)
ScalingSchedule.n.Day.SetSaturday string スケールアウトを有効にする曜日(土曜日)
値: 0 (無効) | 1 (有効)
Default: 0 (無効)
ScalingSchedule.n.DDay.StartingDDay string スケールアウトを有効にする月内日(開始)
Default: 1
使用可能文字: 1-31
ScalingSchedule.n.DDay.EndingDDay string スケールアウトを有効にする月内日(終了)
Default: 31
ScalingSchedule.n.Month.StartingMonth string スケールアウトを有効にする月(開始)
Default: 1
ScalingSchedule.n.Month.EndingMonth string スケールアウトを有効にする月(終了)
Default: 12
使用可能文字: StartingMonthの値-12

応答フィールド

フィールド (項目) 説明
NiftyUpdateAutoScalingGroupResponse - NiftyUpdateAutoScalingGroupレスポンス
Ancestor: なし
Children: requestId | return
requestId string リクエスト識別子
Ancestor: NiftyUpdateAutoScalingGroupResponse
Children: なし
return boolean 処理ステータス
値: true(成功)
Ancestor: NiftyUpdateAutoScalingGroupResponse
Children: なし

リクエストサンプル

    https://jp-east-1.computing.api.nifcloud.com/api/
  ?Action=NiftyUpdateAutoScalingGroup
  &AutoScalingGroupName=autoscale001
  &ImageId=cent64pImage
  &ScalingTrigger.1.Resource=Server-cpu
  &ScalingTrigger.1.UpperThreshold=50
  &ScalingTrigger.1.BreachDuration=600
  &ScaleoutCondition=or
  &MinSize=2
  &MaxSize=5
  &ChangeInCapacity=2
  &CommonParams

  

応答サンプル

    <NiftyUpdateAutoScalingGroupResponse xmlns="https://computing.api.nifcloud.com/api/">
  <requestId>ac501097-4c8d-475b-b06b-a90048ec181c</requestId>
  <return>true</return>
</NiftyUpdateAutoScalingGroupResponse>

  

ニフクラ サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上