本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

DetachVolume

処理概要

指定したディスクとサーバーの接続を解除します。

ディスクを指定するためには、ディスク名が必要です。

また、サーバーを指定するためにはサーバー名が必要です。サーバー名を指定せずに解除すると、指定したディスクのすべての接続情報を解除します。

起動中のサーバーからディスクを解除する場合、OS上で必ず対象ディスクの認識を外してから実行してください。
OSが対象ディスクを認識したまま解除すると、サーバーが異常な状態になります。

ディスクの認識を外すには、下記ページの手順をご確認ください。

ユーザーガイド:ディスクの認識を外す設定方法(アンマウント手順):Linux系OSの場合

指定するパラメーター

パラメーター 説明 必須
VolumeId string ディスク名
InstanceId string サーバー名
Default: 指定ディスクに接続済みかつ解除可能なすべてのサーバー
Device string ※指定不可
Force boolean ※指定不可
Agreement boolean 起動中のサーバーを指定した場合の処理続行フラグ
値:
  • True (解除実施)
  • False (解除中断)
Default: False

応答フィールド

フィールド (項目) 説明
DetachVolumeResponse - DetachVolumeレスポンス
requestId string リクエスト識別子
volumeId string ディスク名
instanceId string サーバー名
instanceUniqueId string サーバーユニークID
device string ディスクの接続デバイス
値:
  • SCSI(xx:xx)
status string 接続ステータス
値:
  • attaching (接続中)
  • attached (接続済み)
  • detaching (接続解除中)
  • detached (未接続)
attachTime timestamp 接続日時
値:
  • yyyy-mm-ddThh:mi:ss.sssZ

リクエストサンプル

    https://jp-east-1.computing.api.nifcloud.com/api/
  ?Action=DetachVolume
  &VolumeId=disk02
  &InstanceId=server04
  &Agreement=true
  &CommonParams

  

応答サンプル

    <DetachVolumeResponse xmlns="https://computing.api.nifcloud.com/api/">
  <requestId>ac501097-4c8d-475b-b06b-a90048ec181c</requestId>
  <volumeId>disk02</volumeId>
  <instanceId>server04</instanceId>
  <instanceUniqueId>i-efgj1234</instanceUniqueId>
  <device>SCSI(0:1)</device>
  <status>detaching</status>
  <attachTime>2010-05-17T11:22:33.456+09:00</attachTime>
</DetachVolumeResponse>

  

ニフクラ サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年9月17日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上