本文へジャンプします。

ニフティクラウド 技術仕様

クラウド トップ>技術仕様>RDB>外部レプリケーション

RDB:外部レプリケーション

ゾーンやリージョンをまたいだレプリケーションや、ニフクラ外部のDBサーバーとのレプリケーションを行うことができます。(リードレプリカとは別機能です。)

外部レプリケーション機能を使用することで以下の構成のレプリケーションが可能になります

  • ニフクラRDBのDBサーバー → 別ゾーン/別リージョンのニフクラRDBのDBサーバー
  • ニフクラ外部のDBサーバー → ニフクラRDBのDBサーバー
  • ニフクラRDBのDBサーバー → ニフクラ外部のDBサーバー
制約事項
  • 外部レプリケーション設定/開始/停止/解除は、下記すべての条件を満たすDBサーバーにのみ適用可能となります。
    • DBエンジン: MySQL
    • 構成: シングル構成、もしくは冗長構成(データ優先)
    • グローバルIPアドレス: 有効
    • ステータス: 稼働中
    • その他: リードレプリカでないこと
  • グローバル通信での非同期レプリケーションとなります。
  • SSL接続によるレプリケーションはサポートしていません。
  • マスターとなるDBサーバーの、バックアップ保持期間は、1以上である必要があります。
    • ※マスターとなるDBサーバーがニフクラRDBのDBサーバー以外の場合、バイナリログが出力されている必要があります。
  • 外部レプリケーションするDBサーバー間で、MySQLのserver_idは異なる値である必要があります。ニフクラRDBのDBサーバーのserver_idは以下のSQLで確認いただけます。
    SHOW VARIABLES LIKE 'server_id'
  • グローバルトランザクションIDを使用したレプリケーションには対応していません。

外部レプリケーション設定

外部レプリケーション情報を設定します。

各設定値については、マスターとなるDBサーバーを参照し、適当な値を設定ください。

なお、マスターとなるDBサーバーのDBファイアウォールに、外部レプリケーション接続元IPアドレス(外部レプリケーション設定するDBサーバーのIPアドレス)を追加する必要があります。

外部レプリケーション接続元IPアドレスは、DB詳細画面をご確認ください。

外部レプリケーション開始

レプリケーションの開始処理を行うことができます。

外部レプリケーション中(開始中、停止中)のDBサーバーを再起動した場合、自動的にレプリケーションが再開されます。

ご注意事項
  • 外部レプリケーション中のDBサーバーを元にポイントインタイムリカバリーを実行した場合、作成されたDBサーバーに外部レプリケーション情報は引き継がれません。
  • 外部レプリケーション中のDBサーバーのDBスナップショットからDBサーバーを作成した場合、作成されたDBサーバーに外部レプリケーション情報は引き継がれません。

外部レプリケーション停止

レプリケーションの停止処理を行うことができます。

レプリケーション停止中のDBサーバーを再起動しても、自動的にレプリケーションが開始することはありません。

外部レプリケーション解除

レプリケーションの解除処理を行うことができます。

外部レプリケーションを停止をせずに解除を行った場合、停止処理と解除処理の両方が行われます。

外部レプリケーション操作ステータス

外部レプリケーション操作(設定/開始/停止/解除)のステータスは、コントロールパネルまたはDescribeDBInstance APIで確認することができます。

コントロールパネルでの表示 説明 アイコン
set 外部レプリケーションが設定されています。
started 外部レプリケーション中です。
stopped 外部レプリケーションが停止しています。
set-error 外部レプリケーションの設定に失敗しています。
start-error 外部レプリケーションの開始に失敗しています。
stop-error 外部レプリケーションの停止に失敗しています。
reset-error 外部レプリケーションの解除に失敗しています。

上記は、外部レプリケーション操作ステータスであり、レプリケーションの状態を表すものではありません。

レプリケーションの状態については、イベントやSHOW SLAVE STATUSの結果を参照ください。

注意事項

  • 外部レプリケーションを設定したDBサーバーは、冗長構成(性能優先)に変更できません。
  • 外部レプリケーションを設定したDBサーバーを読み取り専用にしたい場合、DBパラメーターグループのread_onlyを1に変更してください。
  • レプリケーション遅延がおきやすい場合、マスターとなるDBサーバーのバイナリログ保持期間の変更を検討してください。(レプリケーションに必要なバイナリログが削除されることを防ぐため)
  • レプリケーションの遅延などは、以下のSQLでご確認いただけます。
    SHOW SLAVE STATUS
  • 外部レプリケーション開始前または停止後に、以下のSQLを実行した場合、外部レプリケーション解除が行われます。
    RESET SLAVE ALL

推奨画面サイズ 1024×768 以上