本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>コンピューティング>OSイメージ:Windows Server + RDS + Office

OSイメージ:Windows Server + RDS + Office

提供イメージ

スタンダードイメージとして提供しているRDSまたはOfficeを含むWindows ServerのOSイメージは以下の通りです。

OS ソフトウェア
Microsoft Windows Server 2019 Standard Edition(64bit) Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)
Microsoft Windows Server 2019 Standard Edition(64bit) Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)+ Microsoft Office 2019 Standard(64bit)
Microsoft Windows Server 2016 Standard Edition(64bit) Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)
Microsoft Windows Server 2016 Standard Edition(64bit) Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)+ Microsoft Office 2016 Standard(64bit)

提供イメージの設定内容

スタンダードイメージとして提供しているRDSまたはOfficeを含むWindows ServerのOSイメージは以下の設定を行っております。 Windows Serverの設定は、Windows Serverのスタンダードイメージと共通となっております。

リモートデスクトップサービス
項目 設定内容 対象
サーバーの役割 リモートデスクトップサービス すべて
役割サービス リモートデスクトップセッションホスト すべて
リモートデスクトップライセンス すべて
Microsoft Office
項目 設定内容 対象
インストール クイック実行形式 (C2R) Office 2019
Windows インストーラー形式 (MSI) Office 2016

ライセンスについて

Microsoft Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)、Microsoft Officeを使用する場合は、Windows Server利用料金に加えてライセンス利用料金が必要です。

詳しくはライセンス管理をご覧ください。

料金:ライセンス管理

Windows Server 2019 Std以降でRDSを含むイメージの注意事項

発生事象

Windows Server 2019 Std以降でRDSを含むイメージから作成したサーバーについて、ワークグループ環境のままリモートデスクトップ接続する場合に以下のメッセージが表示されます。

リモートデスクトップライセンスの問題

リモートデスクトップライセンスに問題があるため、このセッションは60分後に切断されます。
システム管理者に問い合わせて、この問題を修正してください。

また、上記のメッセージが表示後、60分が経過すると、以下のメッセージが表示され、リモートデスクトップ接続が自動的に切断します。

ログオン合計時間の制限に到達したため、リモートセッションを終了しました。
この制限は、サーバー管理者またはネットワークポリシーによって設定されています。

切断後に再接続いただくことは可能となります。

対応策

RDSサーバーをドメイン環境として構築することで、上記のメッセージを表示させないようにすることができます。
また、クライアント側は構築したドメイン環境のADに参加しなくてもリモートデスクトップ接続を行うことが可能です。

ドメイン構築の手順については、以下のMicrosoft社のサイトをご確認ください。

AD DS インストール ウィザードおよび削除ウィザードのページの説明

ニフクラ サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上