本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>コンピューティング>ディスクイメージからovfファイルへの変換

ディスクイメージからovfファイルへの変換

Hyper-VのvhdファイルなどVMインポートでサポートしていないディスクイメージを持ち込むための、イメージ形式を変換する方法を説明します。
本手順は参考情報でありサポート対象外となります。

作業概要

手順の流れは以下の通りです。

  • ディスクイメージをvmdkファイルに変換します。
  • ディスクなしの仮想マシンを作成します。
  • 仮想マシンにvmdkファイルを追加します。
  • ovfファイルとしてエクスポートします。

手順

  1. イメージ形式を変換するためにqemu-imgをインストールします。

    Red Hat Enterprise Linux/CentOS 7以降の場合

    # yum -y install qemu-img

    Ubuntu 18.04以降の場合

    # apt -y install qemu-img

    Windows版のqemu-imgコマンドも存在します。以下のサイトをご確認ください。

    qemu-img for Windows

  2. qemu-imgコマンドを用いてディスクイメージからvmdkファイルに変換します。

    qemu-imgコマンドは以下のイメージ形式に対応しています。

    イメージ形式 拡張子
    QCOW2 (KVM, Xen) qcow2
    raw img
    VDI (VirtualBox) vdi
    VHD (Hyper-V) vhd

    vhdファイルからvmdkファイルに変換する場合

    # qemu-img convert -O vmdk source.vhd dest.vmdk
  3. ESXi上で仮想マシンを新規作成し、ディスクはつけない状態で作成します。

    仮想マシンの設定については、下記をご確認ください。

    ユーザガイド: VMイメージの作成方法

  4. データストアのファイルブラウザから3.で作成した仮想マシンのフォルダにアクセスし、2.で変換したvmdkファイルをアップロードします。

  5. 仮想マシンの設定の編集にて、既存のハードディスクを追加し、アップロードした4.のvmdkファイルを指定します。

  6. 仮想マシンの電源を入れ、仮想マシンが起動できるか確認します。

    OSが起動できない場合は、仮想マシンのハードディスクの仮想デバイスノードをIDEに変更します。

    仮想ディスクがIDEの場合、ニフクラにVMインポートできないため、以下のVMware社のサイトをもとにSCSIに変更を行います。

    仮想 IDE ディスクの仮想 SCSI ディスクへの変換

  7. VMインポートの要件に合うように仮想マシンとOSの設定を行い、ovfファイルのエクスポートを行います。

    仮想マシンの設定については、以下をご確認ください。

    ユーザガイド: VMイメージの作成方法

  8. VMインポートを利用し、ニフクラへovfファイルをインポートします。

    VMインポートについては、以下をご確認ください。

    機能・サービス: VMインポート

ニフクラ サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2022年5月26日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上