本文へジャンプします。

TOP

ニフクラ機能・サービス

増設ディスク

サーバーにディスク領域を追加できます。お客様環境の用途に応じて、さまざまなディスクを選択いただけます。
サーバーへの割り当てはコントロールパネル・APIから自由に指定できます。起動中の仮想サーバーを停止せずに、増設ディスクを追加(ホットアタッチ)・はずす(ホットデタッチ)することができるので、運用中のサービスへのディスク追加にも対応可能です。
また、サーバーへ割り当てている増設ディスクの容量を拡張をすることも可能です。

※ ホットアタッチ・ホットデタッチ・サーバーへ割り当てている増設ディスクの拡張は、OSからの操作が必要です。注意事項をご確認の上、ご利用ください。

仕様

  用途 提供ゾーン 筐体分離 容量 接続可能数
標準フラッシュドライブ[A/B](※1) WEBサービス・開発環境・基幹系など、読み込みが多いシステム 一部(※2) 100GB~2,000GB
(100GBごと)(※3)
1サーバーあたり
計14台まで
高速フラッシュドライブ[A/B](※1) 瞬間的に高いI/O性能が必要な大規模なデータベースなど 一部(※2)
標準ディスク WEBサービス・情報システム系の基幹・開発環境など、汎用的な用途での利用やバックアップ すべて ×
高速ディスク[A/B](※1) 高いI/O性能が必要なオンラインゲームのデータベースや基幹系データベースなど すべて
フラッシュドライブ 瞬間的に高速ディスクよりも高いI/O性能が必要な大規模なNoSQL データベースなど 一部(※2) × 100GB~1,000GB
(100GBごと)
  • ※1標準フラッシュドライブ[A/B]・高速フラッシュドライブ[A/B]・高速ディスク[A/B]は、A系統またはB系統のいずれかをお選びいただけます。 A系統とB系統は物理的に筐体が異なるディスクとなり、双方を併用いただくことで可用性を向上することができます(A系統・B系統ともに性能・仕様は同じです)。なお、A系統とB系統が異なる筐体となるのは、同一のディスクメニュー同士での選択に限ります。例えば、標準フラッシュドライブAと標準フラッシュドライブBは別々の筐体となりますが、標準フラッシュドライブAと高速フラッシュドライブBの場合は、別々の筐体になるとは限りません。 詳細につきましては、筐体分離とはをご確認ください。
  • ※2提供中のゾーンにつきましては、ゾーン別機能対応表をご確認ください。
  • ※3 対象ゾーン以外は、1,000GBが最大作成容量となります。対象ゾーンにつきましては、ゾーン別機能対応表をご確認ください
筐体分離とは

標準フラッシュドライブ[A/B]・高速フラッシュドライブ[A/B]・高速ディスク[A/B]は、A系統またはB系統のいずれかをお選びいただけます。標準フラッシュドライブの場合、標準フラッシュドライブAを選択すると、筐体Aの中にディスクが作成されます。標準フラッシュドライブBを選択すると、筐体Bの中にディスクが作成されます。A系統とB系統は物理的に機器が異なるディスクとなり、片方の筐体(例:筐体A)で物理障害が発生しても、もう片方の筐体(例:筐体B)には影響せず、双方を併用いただくことで可用性の高いシステム構成を実現可能です。

筐体分離

作成済みディスクの拡張について
拡張容量 100GB/回
最大拡張容量 対象ゾーンの最大容量まで可能※1
対象増設ディスク サーバーに接続されているすべての増設ディスク
対象OS ※2※3※4
  • CentOS 7.1 プレーンインストール (64bit)
  • CentOS 7.4 プレーンインストール (64bit)
  • CentOS 7.7 プレーンインストール(64bit)
  • CentOS 7.8 プレーンインストール(64bit)
  • CentOS 8.1 プレーンインストール(64bit)
  • CentOS 8.2 プレーンインストール(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.7(64bit)サブスクリプション付き
  • Red Hat Enterprise Linux 7.8(64bit)サブスクリプション付き
  • Red Hat Enterprise Linux 8.1(64bit)サブスクリプション付き
  • Red Hat Enterprise Linux 8.2(64bit)サブスクリプション付き
  • Ubuntu 16.04(64bit)
  • Ubuntu 18.04(64bit)
  • Ubuntu 20.04(64bit)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard Edition(64bit)
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard Edition(64bit)
  • Microsoft Windows Server 2019 Standard Edition(64bit)
制限事項
  • 下記の状態の増設ディスクは拡張ができません。
    • 処理中のサーバーに接続中
    • イメージ化・コピー待ちのサーバーに接続中
    • ワンデイスナップショットを利用中のサーバーに接続中
    • バックアップルールを登録しているサーバーに接続中
    • ディスクが所属するゾーン/リージョンがメンテナンス中
    • 切断中
  • 作成済みディスクの縮小はできません。
  • 拡張後、顧客側でゲストOS側でディスク拡張操作が必要です
  • ※1対象ゾーンにつきましては、ゾーン別機能対応表をご確認ください
  • ※2パブリックイメージから削除された対象OSは以降ご利用できなくなります。
  • ※3Windows Server系は各種SQL Server/リモートデスクトップ接続(RDS)/Officeと組み合わせたイメージも対象です。
  • ※4Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard Edition(English)(64bit)は対象外となります。

料金

  月額(税抜) 従量(税抜)
標準フラッシュドライブ[A/B] 1,500円/100GB/月 3円/100GB/時
高速フラッシュドライブ[A/B] 4,500円/100GB/月 8円/100GB/時
標準ディスク 2,000円/100GB/月 3円/100GB/時
高速ディスク[A/B] 5,000円/100GB/月 8円/100GB/時
フラッシュドライブ 24,000円/100GB/月 40円/100GB/時

ご利用方法

コントロールパネルおよびニフクラAPIからご利用いただけます。

注意事項

  • ゾーンごとの制限についてはゾーン別機能対応表にてご確認ください。
  • 標準ディスク、フラッシュドライブの作成、接続の操作は完了まで時間がかかり、長時間におよぶ場合がございます。操作完了までサーバーの操作ができませんのでご了承ください。
  • 増設ディスクをサーバーに接続するときは、同じゾーンでのみ選択可能です。
  • 増設ディスクを作成するときは、ゾーンを選択して作成します。
  • 増設ディスクを複数サーバーで共有して接続することはできません。
  • 「qlarge256」「slarge256」のサーバーでは、サーバー起動中に標準ディスク/フラッシュドライブの作成や接続ができない場合がございます。そのような場合は、サーバーを停止するか、ほかのサーバータイプへ変更後に再度操作してください。
起動中のサーバーにディスクを追加(ホットアタッチ)する場合
起動中のサーバーからディスクをはずす(ホットデタッチ)する場合
作成済みディスクの拡張をする場合
  • 切り戻しが必要な場合に備えて、ディスク拡張操作の前にデータのバックアップを推奨します
  • ディスク拡張操作の際に1秒程度のIO性能の低下が発生する可能性があります。
  • ディスク拡張後、ゲストOS側でディスク拡張操作が必要です
    • 反映には時間がかかる可能性があります
    • この操作により、IO遅延が発生する可能性があります
  • 対象OSでサーバー作成後、お客様操作によりOSのアップデートやバックアップソフトのリストア等による上書きを実施した結果、稼働OSが対象OSと異なる場合はニフクラサポート対象外となります。
  • 作成済みディスクの拡張では、コントロールパネルでの操作後にOS上での操作が必要です。操作については下記ヘルプページをご覧ください。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2020年10月30日時点の情報です。

ニフクラ 機能・サービス一覧

ストレージ・NASサービス
DRサービス
コンテナ

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能